メイン画像
WEB集客コンサルティング
web集客コンサルティング

自ら試行錯誤して成功したWEB集客方法をお伝えします!
集客コンサルティング

民泊とは

民泊を始めたい人へ民泊申請のコンサルティングをします!
民泊の教科書

外国人のビジネスの始め方

外国人の日本でのビジネスを許認可から集客までサポートします!
外国人のためのビジネスサポート



 失敗を重ねたからこそ、わかることがあります。

よこぜき行政書士事務所のホームページへお越し頂きありがとうございます。

行政書士の横関と申します。

こちらのホームページにお越し頂いた方は、「これから起業をしたい」と考えられている方や「集客が出来ず困っている・・・」と悩まれている方もいらっしゃるのではないかと思います。

私自身、2009年に起業してから、自分がどんなビジネスをするべきなのかが定まらず、右往左往しながら失敗を重ねました。

私が起業してから今に至るまでの失敗と、失敗によって得た経験をご紹介したいと思います。

 

旅行会社の立上げ

旅行会社の立上げサラリーマン時代は海外営業と貿易の仕事を担当していたのですが、2009年にそれまでの仕事とは全く関係の無い「株式会社旅晴好(ろはす)」という「旅行会社」を設立しました。

全く旅行に関する仕事に携わった事が無いのに、何故旅行業を始めたかというと、実は深い理由はないんです。楽しそうだったので(笑)

旅行業を始めるのに、旅行業務取扱管理者という資格が必要ということも知らず、慌てて勉強して、運よくその年に合格しました。

旅行業界で働いている方から見たら信じられない行動だと思います。

で、始めてみると、当たり前の話しなのですが、全くお客さんが来ない毎日でした。

集客のためにホームページを作ろうと思ったのですが、当時のホームページは非常に高くて、全くお金が無い私の会社では作ることが出来ましたでした。

お金と反比例して、時間はいくらでもあったので、その時にホームページ制作のためのプログラムを勉強し始めたのです。

(それが将来自分のビジネスの柱になるとは、当時は夢にも思っていませんでしたが・・・。)

 

旅行業の方は、なかなか集客が出来ず、何か特化しようと思い、「自分の好きな和菓子に特化したツアーはどうだろう」とホームページを作りました。

それがこの『和菓子で楽しむ京都』のサイトです。

朝日新聞記事当時たまたまホームページを見た新聞社の方から取材を申し込まれて、その後もラジオへ出演オファーなどもあり、少しづつお客さんも増えてきました。

お客さんが増えてきたのは良かったのですが、ここで致命的な発見をしたのです。

 

私の企画したツアーは和菓子好きの相当マニアックなお客さんしか参加されないので、質問や会話も超マニアックなものでした。

ですから、私以外のアルバイトのような人ではアテンドが出来ないのです!

つまり1日1組しか受けられない!

しかも、ほとんどが土日の申し込みなので、平日は収入がない!

土日は申し込みがあっても1組以外は断らなければならない!

 

実際に集客が出来るようになって、初めてこの事実に気が付いたのです(笑)

笑い話のような話しですが、意外と私へのご相談者の方にもこういった例はあります。

「ニッチな市場を狙う」というのは小規模の会社にとって非常に重要なことですが、「ニッチな市場を狙うだけではいけない」ということを痛感しました。

この経験が、後々WEBのアクセス解析やキーワード解析を行う際に「特化した市場で、かつ収益を作れる仕組が確立できる分野か」を判断するのに役立つようになりました。

※現在は旅行業は行っておりません。

 

中国との貿易

中国との貿易これでは家族は養っていけないということで、今度はサラリーマン時代に中国で仕事をしていた経験を活かして、企業向けの視察ツアーを始めました。

これは順調に伸びていき、視察ツアーに参加してもらうために、中国から輸入できる面白そうなものをいろいろ提案していました。

 

ある商品をお客様に提案した時に、「そんなに良い案件だったら、なんで自分で貿易が出来る横関さん自身がやらないの?本当は儲からないって思ってるんじゃないの?」とお客さんに言われた一言が、大きな転機となりました。

「そうか!なんでこんな良い話を人に勧めてるんだ!気が付かなかった!俺が自分でやろう!」と。

早速自分でネットショップを作って、中国からの輸入品の販売を始めました。

「灯台もと暗し」と言いますが、「お客さんによい案件を提案することが仕事」と思いこんでいると、自分でその仕事をしようなんて考えつかないものなんですね。

目から鱗が落ちた気分でした。

1年後にその商品が年間で数千万円の売り上げとなり、やっと株式会社旅晴好(ろはす)も安定してきたのです。

 

「生殺与奪の権利」を他人に握られないようにする

私がおこなっていた輸入販売は特殊な商品を販売していたので、契約している工場からしか仕入が出来ないようなビジネスでした。

ホームページ制作会社の立上げその貿易の仕事も、2013年からの急激な円安と中国の人件費アップで、商品の値上げをせざるを得なくなり、売上も利益も最盛期からくらべるとかなり減ることとなりました。

そんなある日突然、製造元から「この価格でなければ輸出はしない」と一方的な大幅な値上げの通達がありました。

値上げを断れば、私の商売は終わってしまいます。

この時「私のビジネスを生かすも殺すも、生殺与奪の権利は他人に握られている」と感じました。

つまり「もう、あなたには売りません」と言われてしまえば、その瞬間から私のビジネスはストップしてしまうという事実をはっきり認識したのです。

この時に「自分の『生殺与奪の権利』を他人に握られないビジネスをしなければいけない」と考えるようになりました。

為替も人件費も仕入価格も私自身ではどうすることも出来ませんが、だからといってこのままじっとしていては、じわじわ沈んでいくのを待つだけです。

「出来る限り自分で売上や利益を管理出来るビジネス」を育てなければといろいろトライしていきました。

 

さらなる失敗の連続

次のビジネスを探さなければいけないという焦りから、当時、スマートフォンの急激な普及にともなって話題になっていたスマホカバーや中国人向けの中古ブランド品販売などにも手を出して大火傷してしまいました。

何の方向性も持たず、自分の強みも活かさず、ただ「儲かる」という情報だけに踊らされてしまうと、どんな結果になるのかを身にしみて経験しました。

そこで、「生殺与奪の権利を他人に握られないビジネス」という視点に立ちかえって、自分の知識・経験・人脈を一から整理して、自分の強みは何かを考えることにしました。

 

行政書士事務所の立上げ

その頃、偶然「行政書士」という仕事を知ることになりました。

私はこれまで、お金がなかったということもあり、会社設立登記、旅行業登録、古物商許可申請など、全て自分自身でやってきました。

契約書も専門書を何冊も読んで自分で許認可の申請書を作っていました。

こういった作業経験や、起業仲間がたくさんいることもあり、「行政書士」という職業は自分の強みを活かせるのではないかとと思うようになりました。

行政書士であれば、仕入もありませんし、為替も関係ありません。

自分が得意な許可申請の分野で集客さえできれば事業として成り立ちます。

そこから株式会社旅晴好(ろはす)と株式会社リヒトスの経営と並行して、行政書士の資格を取得し、事務所を開設することにしました。

 

私の運命を変えたサイト

行政書士試験に受かって開業したからと言って、すぐに仕事が入るわけではありません。

既に沢山の行政書士の先生が営業しているわけですから、超後発の行政書士が仕事を取るには「ビジネスモデルの構築」が必須になります。

行政書士になった頃には、既に山ほどの失敗の経験から、自分のビジネスモデルを構築する上でのコツは掴んでいたと思います。

いくつかの仮定をつくり、それを実証するために複数のサイトを作りました。

 

民泊の教科書その複数のサイトの中でも私の事務所の運命を変えたサイトは「民泊の教科書」というサイトです。

2015年の10月頃にairbnbというサイトを知って、始めて「民泊」というビジネスを知りました。

興味を持って調べて行くうちに「これって、旅館業法に違反してないの?」という疑問を持つようになり、更に詳細に旅館業法や関連の法令を調べて行きました。

詳細を調べて行くうちに、民泊は新しいビジネスで日本では対応する法整備が出来ておらず、さまざまな問題が発生しているということも判りました。

「この民泊というビジネスはこれから大きなビジネスになるかもしれない!」と閃いて、2016年1月に「民泊の教科書」を作りました。

 

検索エンジンからのアクセス増加

民泊の教科書は2016年1月末に公開をしてから以下のようにアクセスが推移していきました。

とにかく泣きたくなるくらい時間をかけて記事を書きました。

にも関わらず、公開から約2ヶ月はほとんどアクセスがありません。

下のデータを見ても、4月頃からやっとアクセスが増え始めたのが判ります。

これは4月から民泊対策として旅館業法に関する条件の緩和があって「民泊」が話題になってきたからだと思います。

サイト開設から5ヶ月後には、1ヶ月間(2016年5月31日~6月29日)で私のサイトで見られるページの数が10万ページを超える程になりました。

私のサイトでは一切広告は使っていません。

朝と晩に記事を書き続けただけです。

この頃から、ほぼ毎日何かしらの問い合わせがくるようになりました。

最近は実務に追われて朝晩も記事を書く時間がなかなか作れないのですが、アクセス数は順調に伸びています。

このサイトをきっかけに、他の行政書士の先生ともご縁が出来たり、セミナーの講師の依頼や大手の会社との業務提携などのお話も頂くようになりました。

兵庫県の尼崎市でひっそりと運営している行政書士事務所に全国からお問合わせを頂けるようになったのは、まさにこの「民泊の教科書」というサイトのお陰です。

 

その他の運営サイト

「民泊の教科書」以外にも以下のようなサイトを運営しています。

それぞれアクセスも増え、ビジネスに繋がって来ています。

「民泊の教科書」に加えて、以下にご紹介する「ビズブログ」と「経営管理ビザ申請センター」の3つのサイトがそれぞれ異なったビジネスモデルとして成長しています。

 

ビズブログ

ビズブログこのサイトは、起業を考えている人向けの情報を発信しているサイトです。(ビズブログ

「記帳代行」というキーワードでGoogle、Yahooともに1位になって以来、記帳に関するお問合わせが増えています。

その他「NPO法人 給料」というキーワードでも1位から3位に表示されているので、NPO法人設立のご相談も頂いています。

 

経営管理ビザ申請センター

経営管理ビザ申請センターこのサイトは、外国人が日本に住むための資格の一つである「経営管理」という資格の申請に特化したサイトです。(経営管理ビザ申請センター

「経営管理」というキーワードでGoogle、Yahooともに2位になっています。(2017年1月6日現在)

アクセス数やお問合わせの数は他のサイトに比べると少ないのですが、お問合わせが受任に繋がる確率が非常に高いのが特徴です。

このサイトのように、超ニッチな分野に特化することで集客できるものもあります。

 

最後に

yokozeki03長々と書き連ねた文章をお読み頂き、本当にありがとうございます。

私自身、起業をしてから何度も失敗して、何度も同じようなことを繰り返しながら、なんとか自分自身のビジネスモデルを構築できるようになりました。

私のビジネスモデルは、構築した後はWEBで集客をするという流れのものばかります。

私が今までの経験から得た知識が、集客にお困りの人達に少しでもお役に立てればという思いでいます。

新しいビジネスモデルを起業家の仲間みんなで作り上げられればいいなと思っています。

どんなことでも結構ですので、何か不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

今後とも、何卒よろしくお願いします。

 

代表行政書士 横関雅彦

 

代表行政書士 経歴

profile_yoko 横関 雅彦
1970年生まれ
千葉県木更津市出身
早稲田大学政治経済学部卒
2009年 某大手電機メーカー退社
2009年 旅行業及び貿易業 株式会社旅晴好(ろはす)設立
2015年 WEB制作会社 株式会社リヒトス設立(非常勤)
2015年 よこぜき行政書士事務所開設
2016年 宅地建物取引士登録

 

 

事務所概要

事務所名 よこぜき行政書士事務所
行政書士 横関 雅彦
行政書士登録番号 15300952
住所 兵庫県尼崎市東七松町1-11-13
電話番号 050-7117-4784
営業時間 9:00~17:30 (土日祝休み)
公式HP  https://yokozeki.net
民泊の教科書  http://minpaku.yokozeki.net/
大阪相続あんしん相談センター  http://souzoku.yokozeki.net/
ビズブログ  http://biz.yokozeki.net/

 

 

メールでのお問い合わせ

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
件名 (必須) 集客コンサルティングについてビジネスモデル構築についてWEB集客についてその他のお問い合わせ
お問い合わせ内容(必須)
上記の内容にお間違いがなければ、チェックを入れ送信してください。